結婚指輪とは?結婚指輪と婚約指輪の違いは?結婚指輪の相場・平均金額は?

結婚指輪とは?結婚指輪と婚約指輪の違いは?結婚指輪の相場・平均金額は?既婚者かどうかが一目で分かるアイテムと言えば、結婚指輪ですよね。日本の場合、結婚している方は左手の薬指に結婚指輪をはめる習慣があります。

もちろん、結婚していても仕事の都合などで指輪をしていない、出来ないという方もいるかもしれませんが、結婚をしたら夫婦で結婚指輪を所有するのが一般的ですよね。

そこで、そもそも結婚指輪とはどういったものなのか、また結婚指輪と婚約指輪の違いは何なのか、そして結婚指輪の相場や平均金額についてまとめました。

三井住友VISAカードは信頼性の高い安心の銀行系クレジットカード

結婚指輪とは?結婚指輪を身に付ける意味は?

結婚指輪とは?結婚指輪を身に付ける意味は?結婚指輪とは、結婚していることを示す証として夫婦で身に付ける指輪のことで、マリッジリングとも呼ばれています。

結婚指輪に特に決まった形はありませんが、金やプラチナなどのシンプルなペアリングが一般的です。

結婚指輪を身に付けることで、自分は結婚している、パートナーがいるということを周囲に示すことも出来ます。

結婚に伴って指輪を身に付けるという習慣は、ローマ教皇が結婚の際に指輪を使用したことが発祥とされています。日本にも明治時代には結婚指輪の風習が伝わっていましたが、定着したのは第二次世界大戦以降になります。

現在では、結婚式の際に結婚指輪を交換するというシーンは、ごく一般的なものとなりましたよね。

結婚指輪はなぜ左手の薬指にはめるのか?

結婚指輪を身に付けるのは左手の薬指ですよね。結婚指輪を左手薬指にはめる理由としてはいくつか説があります。

1つは、ギリシャ神話や古代エジプトなどで、左手薬指は心臓に繋がる重要な血管が通っている指だと考えられていたことから、結婚相手と心が繋がるという意味合いで左手薬指に指輪をして愛を誓ったという説です。

また、他にも指にはそれぞれ意味があり、左手薬指には愛情や絆といった意味があります。そのため、永遠の愛を誓い合う結婚にぴったりの指ということで、左手薬指に結婚指輪をするようになったとも言われています。

結婚指輪と婚約指輪の違いは?両方必要なの?

結婚指輪と婚約指輪の違いは?両方必要なの?結婚指輪と婚約指輪の違いについて、特に男性は良く分からないという方も多いかもしれません。

また、結婚する方たちの中には結婚指輪はあるけれど、婚約指輪は特に用意していない、あるいは特に両方用意していないというケースもあるでしょう。

ただ、女性からしてみると、結婚指輪にも婚約指輪にもそれぞれに憧れがあり、どちらも欲しいという方も多いですよね。

では、結婚指輪と婚約指輪は実際には何か違うのか、結婚指輪と婚約指輪の必要性も併せて見ていきましょう。

結婚指輪と婚約指輪の違いについて

結婚指輪と婚約指輪の違いとしてまず挙げられるのが、それぞれの指輪の持つ意味合いです。

また、指輪を渡すタイミングも、結婚指輪と婚約指輪では異なります。他にも、結婚指輪と婚約指輪には、デザインや価格などの違いもあります。

指輪の持つ意味

結婚指輪と婚約指輪の大きな違いは、指輪の持つ意味です。名前の通り、婚約指輪は婚約の証、結婚指輪は結婚の証という意味があります。

結婚と婚約を混同している方もいるかもしれませんが、婚約は結婚の約束となりますので、結婚とは異なりますよね。

そのため、婚約指輪と結婚指輪も、それぞれ婚約と結婚という別の意味を持った指輪になるのです。

指輪を渡すタイミング

結婚指輪と婚約指輪の違いとして次に挙げられるのが、指輪を渡すタイミングです。順番としては婚約指輪、結婚指輪の順が一般的です。

そもそも婚約指輪は、プロポーズの際に男性が女性に渡すという習慣がありますよね。また、結納の際に記念品として贈る場合もありますが、どちらにせよ結婚前に渡すのが婚約指輪です。

そして、結婚指輪の場合は、結婚式をするかどうかでも異なりますが、結婚式をする場合は式の最中に二人で交換するというのが一般的です。

結婚式をしない場合は、入籍までに二人用意してお互いに身に付けるという方が多いようです。

指輪のデザインや価格

結婚指輪と婚約指輪には、指輪のデザインや価格にも違いがあります。まず、婚約指輪の場合は、ダイヤなどの宝石をあしらったものが多く、デザインも多種多様です。

一方で、結婚指輪は日常的に身につけるということもあり、比較的シンプルなデザインのものが多いと言えます。

そのため、指輪の価格も、婚約指輪よりも結婚指輪の方がリーズナブルだと言えるでしょう。

結婚指輪の相場や平均金額は?誰が購入する?

結婚指輪の相場や平均金額は?誰が購入する?結婚指輪の相場や平均金額としては、年齢や年収によって個人差はありますが、10万円~20万円という価格帯での購入が最も多くなります。

もちろん、中には30万円~50万円以上、100万円以上という場合もありますが、おおよそ半数近くの方は10万円~20万円での購入となりますので、平均金額も10万円台になります。

婚約指輪の相場が、おおよそ30万円~40万円という点を踏まえると、結婚指輪は婚約指輪よりもかなり低い価格で購入しているカップルが多いと言えますね。

婚約指輪とは?婚約指輪の相場は?値段・費用は給料の何ヶ月分?

また、婚約指輪は男性が女性に贈るものですので、当然購入するのは男性ですよね。ただ、結婚指輪の場合は2人で身に付けるものですので、購入費用も2人で出すという場合が多いようです。

結婚指輪の男女別の相場

男性が購入する場合の結婚指輪の相場
男性が購入する場合10万円~20万円
女性が購入する場合の結婚指輪の相場
女性が購入する場合10万円~20万円

結婚指輪は現金よりもクレジットカード払いがお得!

結婚指輪は現金よりもクレジットカード払いがお得!結婚指輪は結婚する2人が愛を誓い合った証となり、結婚後も日常的に長く身に付けるものとなります。そのため、結婚指輪はこだわって選びたいという方も多いでしょう。

結婚指輪の相場は、男女共におおよそ10万円~20万円になりますので、婚約指輪よりは比較的低い金額で購入できるでしょう。

ただ、婚約指輪より安いと言っても、やはり最低でも10万円前後のまとまったお金が必要ですよね。

そこで、結婚指輪の購入には、現金ではなくクレジットカード払いを選択することをおすすめします。

クレジットカードで支払うと、利用金額に応じてポイントを貯めることが出来ますので、数万円、数十万円単位の買い物をする際には、大量のポイントを獲得できるのです。

クレジットカードで支払う際には、JCB CARD Wのようにポイント還元率が高いクレジットカードを利用するとよりお得にポイントを貯めることが出来ます。

また、クレジットカードは分割払いでの購入も可能ですので、無理に一括で支払う必要もなく、購入資金に不安がある方にもおすすめですよ。

JCBカードは安全性と利便性を兼ね備えた日本発祥の国際ブランド

三井住友VISAカードは信頼性の高い安心の銀行系クレジットカード

サブコンテンツ

このページの先頭へ