ロードサービスVISAカード

ロードサービスVISAカードロードサービスVISAカードは、三井住友トラスト・カードが発行するETC機能一体型カードで、ロードサービスが自動付帯されています。

ロードサービスVISAカードは、非常に安価な年会費で充実したロードサービスを受けることが出来るということで、ドライバーに人気の高いクレジットカードとなっています。

そこで、ロードサービスVISAカードの年会費や家族カード・ETCカードの年会費について、ロードサービスVISAカードの審査や審査基準、審査の難易度について、ポイント還元率やポイントの貯め方、海外旅行・国内旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯サービスについてまとめました。

初年度年会費無料!ロードサービス自動付帯のロードサービスVISAカード

ロードサービスVISAカードの年会費、家族カード・ETCカードの年会費

ロードサービスVISAカードの年会費は、初年度無料、翌年度以降は2,000円(税別)となります。また、ロードサービスVISAカードは、追加カードとして家族カードを申し込むことが出来ます。家族カードの年会費も、初年度は無料で、翌年度以降は1,500円(税別)となります。

ロードサービスVISAカードは、ETC機能が一体化したクレジットカードとなりますので、ETCカードを追加で申し込む必要はありません。ETC年会費は、初年度は無料で、翌年度以降は500円(税別)です。ただ、ETC年会費は年間で1回以上利用すると、翌年度の年会費が無料になりますので、実質年会費無料で利用することが出来ます。

ロードサービスVISAカードの年会費は?

ロードサービスVISAカードの年会費

クレジットカード本会員:初年度の年会費無料、翌年度以降2,000円(税別)
クレジットカード家族会員:初年度の年会費無料、翌年度以降1,500円(税別)
ETC年会費:初年度の年会費無料、翌年度以降は500円(税別)
※年間に1回以上利用すると、翌年度は年会費無料

また、ロードサービスVISAカードは、電子マネーを申し込むことも可能です。ロードサービスVISAカードの電子マネー「三井住友トラストカード iD」と「三井住友トラストカードWAON」は年会費無料で利用することが出来ます。

ロードサービスVISAカードの電子マネー(年会費無料)

三井住友トラストカード iD
三井住友トラストカードWAON

※追加カードの発行手数料について
ロードサービスVISAカードの電子マネーは年会費無料で利用することができますが、三井住友トラストカードWAON は別途発行手数料が掛かります。
三井住友トラストカードWAON:カードを発行する際に発行手数料として300円(税込)

ロードサービスVISAカードのポイント還元率・ポイントの貯め方

ロードサービスVISAカードのポイントは、三井住友VISAカードの「ワールドプレゼント」のポイントとして付与されます。ロードサービスVISAカードのワールドプレゼントのポイントは、1,000円ごとに1ポイント貯まります。

また、1ポイント当たりおおよそ5円程度となりますので、ロードサービスVISAカードの基本的なポイント還元率は0.5%です。

ロードサービスVISAカードのポイント還元率・ポイント優待

ロードサービスVISAカードのポイント還元率

ロードサービスVISAカード:ポイント還元率0.5%

ロードサービスVISAカードは、三井住友トラストVISAカード三井住友トラストVISAレディースカードと同様に、前年度の利用金額に応じたボーナスポイントが適用されます。

そのため、ロードサービスVISAカードの基本的なポイント還元率は0.5%程度ですが、年間の利用額が多くなればなる程、その分ポイント還元率も向上します。

ロードサービスVISAカードのボーナスポイント

年間利用額50万円以上:50ポイント
※50万円以降は10万円ごとに10ポイント
年間利用額100万円以上300万円未満:75ポイント
※50万円以降は10万円ごとに15ポイント
年間利用額300万円以上:150ポイント
※50万円以降は10万円ごとに30ポイント

また、ロードサービスVISAカードでは、他にもいくつかのポイント優待がありますので、よりお得にポイントを貯めることが出来ます。

まず、三井住友カードの「ポイントUPモール」を経由してショッピングをすると、最大20倍のポイントを獲得出来ます。さらに、三井住友カードのポイント優待店「プレミアムポイント加盟店」を利用すると、ポイント倍率がアップするプレミアムポイントが付与されます。

また、 ロードサービスVISAカードは、三井住友カードのリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ登録」を利用することで、よりポイントが貯まりやすくなります。マイ・ペイすリボに登録をすると、リボ払い手数料が発生した月のみとはなりますが、ポイントが2倍になります。

ロードサービスVISAカードのポイント優待

ポイントUPモールの利用:ポイント2倍~20倍
プレミアムポイント加盟店の利用:各店舗ごとに異なる
マイ・ペイすリボ登録:ポイント2倍
※リボ払い手数料が発生した月のみ

ロードサービスVISAカードの付帯サービス・優待特典

ロードサービスVISAカードは、何と言っても充実したロードサービスが自動付帯されているという点が大きな魅力です。ロードサービスVISAカードに付帯されているロードサービスは、レッカー移動やキー開錠など緊急時の基本的なサービスの他、レンタカー手配や帰宅、宿泊のサポートなどアフターフォローまで付いてきます。

また、ロードサービスVISAカードでは、三井住友VISAクラシックカードと同程度の海外旅行傷害保険とショッピング補償が付帯されていますので、ロードサービス以外の面でも基本的なサービスを受けることが出来ます。

ロードサービスVISAカードの旅行傷害保険・ショッピング補償

ロードサービスVISAカードの海外旅行傷害保険

※付帯条件:利用付帯
傷害死亡・後遺障害:最高2000万円
傷害治療費用(1事故の限度額):50万円
疾病治療費用(1疾病の限度額):50万円
賠償責任(1事故の限度額):2000万円
携行品損害(1旅行中かつ1年間の限度額):15万円
※自己負担:1事故3,000円
救援者費用(1年間の限度額):100万円

ロードサービスVISAカードの国内旅行傷害保険

ロードサービスVISAカードは国内旅行傷害保険は付帯されていません。

ロードサービスVISAカードのショッピング補償

ショッピング補償:年間100万円まで
※国内利用の場合はリボ払い、もしくは分割払い(3回以上)のみ対象

ロードサービスVISAカードのロードサービス

ロードサービスVISAカードの緊急サポートサービス

バッテリージャンピング
キー開錠
レッカー移動
パンク
ガス欠
応急処置
メッセージサービス

ロードサービスVISAカードのアフターフォローサービス

レンタカーサービス
帰宅費用サポート
緊急宿泊費用サポート
送迎サービス

ロードサービスVISAカードのVJロードサービス

牽引:15kmまで無料
電話:無料(専用フリーダイヤル)
拠点数:約9,600カ所
帰宅・宿泊サポートサービス:あり
移送範囲:会員の指定先(全国対応)
※一部JRSのサービスが提供できない地域あり

ロードサービスVISAカードのVJロードサービス対象車両

・自家用4輪車(白ナンバー、黄色ナンバー)のうち以下にあてはまる車両
3ナンバー(普通乗用自動車)※車両総重量3t未満
4ナンバー(小型・軽貨物自動車)※車両総重量3t未満
5ナンバー(小型・軽乗用自動車)
・自家用2輪車(原動機付き自転車から大型まで対応)

初年度年会費無料!ロードサービス自動付帯のロードサービスVISAカード

サブコンテンツ

このページの先頭へ