クレジットカードは何枚必要?クレジットカードを作る時の最適な枚数

クレジットカードは何枚必要?クレジットカードを作る時の最適な枚数クレジットカードは、今や私たちの生活に深く関わるツールとなっていますよね。現在日本人が持っているクレジットカードの枚数は、平均で3枚程度と言われています。

中にはクレジットカードを1枚しか持っていないという方もいると思いますが、率直に言うと1枚では不十分です。

クレジットカードを何枚持つのかは、もちろん個人の自由ですが、最低限持っておいた方が良い枚数はあります。

では、クレジットカードは何枚必要なのでしょうか。クレジットカードの最適な枚数についてまとめました。

三井住友VISAカードは信頼性の高い安心の銀行系クレジットカード

クレジットカードは何枚必要?

クレジットカードは何枚必要かについては、結論から言うと最低でも3枚になります。というのも、クレジットカードにはいくつかの国際ブランドがあり、それぞれ利用出来る店舗が異なります。

そのため、国際ブランドの異なるクレジットカードを最低でも3枚持っていれば、仮に何れかのクレジットカードが使えない場合でも、他の国際ブランドのクレジットカードで補うことが出来ます。

国際ブランドには、いわゆる五大国際ブランドと呼ばれるVISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubがあります。また、他にも中国銀聯カードとDiscover Cardがありますが、こちらは比較的新しい国際ブランドとなりますので世界的に見るとまだそれほど広いシェアはありません。

国際ブランドとは?クレジットカードの国際ブランドの選び方とは?

五大国際ブランドの中のAMERICAN EXPRESSとDiners Clubはステータス性の高い国際ブランドとなりますが、他の国際ブランドと比べて利用出来る店舗は少なくなります。

そのため、クレジットカードを作る際には、ぜひ国際ブランドをVISA、JCB、MasterCardにそれぞれ分けて、最低でも3枚のクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

おすすめの国際ブランド

VISA

まずVISAのクレジットカードは必須です。VISAは世界シェアNO1のクレジットカードとなりますので、日本国内だけではなく、海外でも幅広く利用することが出来ます。

また、日本でVISAのクレジットカードを作るなら、やはり安心して利用できる三井住友VISAカードがおすすめです。

JCB

主に日本国内でクレジットカードを利用するという方の場合は、最低でも1枚はJCBのクレジットカードを作っておくべきです。

JCBカードは、日本国内では非常にカード加盟店が多く、まず使えない店舗はないと言えますので、かなり使い勝手の良いクレジットカードになります。

MasterCard

3つ目の国際ブランドとして選ぶならMasterCardがおすすめです。MasterCardはVISAに次いで、世界シェアNO2の国際ブランドとなります。旅行や出張などで海外に行く機会が多い方は、VISAと併せてMasterCardのクレジットカードを持っておくと安心です。

クレジットカードを作る時の最適な枚数は?

クレジットカードを作る時の最適な枚数は、人それぞれ異なりますので、一概に何枚と言うことは出来ません。ただ、基本的にメインカードは1枚となりますので、サブカードを何枚持つのかによってクレジットカードの枚数は決まります。

メインカードとは?クレジットカードのメインとサブカードの違い

まず、上記で記載したようにクレジットカードを作る際には、国際ブランドが異なるクレジットカードを最低3枚は持っておく必要があります。

そして、おすすめの国際ブランドとしては、VISA、JCB、MasterCardを挙げましたが、特にメインカードとしておすすめなのはVISA、もしくはJCBです。また、サブカードとしては、メインカードで選ばなかった国際ブランドを選択すると良いでしょう。

メインカード・サブカードにおすすめの国際ブランド

メインカードにおすすめの国際ブランド

メインカードを選ぶ際に重視するポイントは人によって異なると思いますが、やはりメインで使うクレジットカードとなりますので、まずは幅広い店舗で不自由なく利用できるということが大前提になるのではないでしょうか。

そのため、国際シェアNO1の三井住友VISAカードと国内シェアNO1のJCBカードは、メインカードに最適の1枚と言えます。

国内外で幅広く利用したいという方の場合は三井住友VISAカード、主に日本国内でクレジットカードを利用する方の場合はJCBカードのプロパーカードをメインカードにすると良いでしょう。

三井住友VISAカード、JCBカードのプロパーカードは、集中して使い続けることでランクアップが期待出来ますので、最終的に三井住友VISAプラチナカード、またJCBゴールド ザ・プレミアやJCBザ・クラスを目指しているという方にもおすすめです。

サブカードにおすすめの国際ブランド

サブカードにおすすめの国際ブランドとしては、メインカードで選択しなかったVISA、JCBのどちから一方とMasterCardになります。

サブカードは、補助的に利用するクレジットカードとなりますので、例えば特定の店舗でのみポイント優待や割引を受けられるクレジットカードを作るといった流れが一般的です。

サブカードに最適なクレジットカードとしては、セブン・イレブンやイトーヨーカドーでポイント3倍になるセディナカードや西武やそごうでポイントが貯まりやすいクラブ・オン/ミレニアムカード セゾンなどがあります。

他にも、イオンユーザーにおすすめのイオンカード、小田急関連の店舗や小田急線でポイントが貯まるOPクレジット(小田急ポイントカード)などもサブカードにぴったりです。

上記のセディナカード、クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン、イオンカード、OPクレジットは、国際ブランドでMasterCardを選択することが出来ますので、MasterCardのクレジットカードをまだ作っていないという方はぜひ作っておきましょう。

クレジットカードは国際ブランド別に最低3枚は必須!

クレジットカードは、特に何枚持つべきといった決まりはありませんが、より便利に利用したいということであれば、国際ブランドの異なるクレジットカードを最低でも3枚は持っておくことをおすすめします。

国際ブランドの異なるクレジットカードを持っておけば、その分利用出来る店舗が増えますので、日本国内だけではなく海外でも問題なくクレジットカードを使うことが出来ます。

そして、国際ブランドごとのシェアという観点から、選ぶべき国際ブランドはVISA、JCB、MasterCardの3つです。VISA、JCB、MasterCardのクレジットカードを持っておけば、まず店舗によってクレジットカードが使えないという事態にはなりませんので、非常に安心です。

また、特に三井住友VISAカードJCBカードは、カードブランドも申し分なく、メインカードとしても最適な一枚になります。

三井住友VISAカードは信頼性の高い安心の銀行系クレジットカード

JCBカードは安全性と利便性を兼ね備えた日本発祥の国際ブランド

サブコンテンツ

このページの先頭へ