JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEの違いは?

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEの違いは?JCBカードでは、ゴールドクラスのクレジットカードとして、JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEというプロパーカードを発行しています。

ゴールドカードは、一般カードに比べて充実したサービス内容が受けられますので、JCBゴールドやJCB GOLD EXTAGEもワンランク上のサービスを希望する方に人気のあるクレジットカードとなっています。

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEは、同じゴールドクラスのクレジットカードとなりますが、それぞれ異なる特徴があります。

ゴールドカードが欲しいけれど、JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEのどちらを選んでいいのか分からないという方は、JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEの特徴や違いを理解した上で選択すると良いでしょう。

JCBゴールドは魅力的なサービス満載のステータスカード

JCBゴールドとは?

JCBゴールドとは、JCBカードが発行しているプロパーカード「JCB ORIGINAL SERIES」のゴールドカードとなります。JCBゴールドには、ゴールドクラスならではの充実したサービスが付帯されており、十分なステータス性があります。

空港ラウンジサービスはもちろんですが、健康サービスやゴルフサービスなどの優待特典も満載です。さらに、ゴールド会員専用のゴールドデスクを利用することができます。

また、JCBゴールドは付帯保険の内容も充実しています。海外旅行傷害保険の補償金額は最高1億円で、家族特約も付いています。

さらに、JCBゴールドの利用実績を重ねることで、JCBゴールド ザ・プレミアやザ・クラスの招待を受けることも出来ますので、より高ランクのJCBカードを目指す方にとっては取得必須のゴールドカードとなります。

JCBゴールド(JCB ORIGINAL SERIES)の詳細はこちら

JCB GOLD EXTAGEとは?

JCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)は、JCBが発行している年齢限定のヤングゴールドカードです。JCB GOLD EXTAGEは、20歳~29歳の方、つまり20代の方を対象としたクレジットカードとなります。

JCB GOLD EXTAGEは、20代限定のクレジットカードということで、ゴールドクラスにも関わらず、初年度は無料、翌年度も3,000円(税別)という格安の年会費で利用することが出来ます。

また、ポイントサービスの面では、一般向けのクレジットカードよりもかなり優遇されています。JCB GOLD EXTAGEは、格安の年会費でJCBゴールドに準じたサービスを受けることが出来ますので、非常にコストパフォーマンスが良く、お得なクレジットカードと言えます。

JCB GOLD EXTAGE(JCB ORIGINAL SERIES)の詳細はこちら

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEはどこが違う?

JCBゴールドJCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)は、同じゴールドクラスのJCBカードではありますが、いくつか異なる点があります。

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEはの最も大きな違いとしては、申し込みが可能な対象年齢ですが、他にも年会費やポイント還元率、付帯保険、そしてその他付帯サービスにも違いがあります。

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEの違い

対象年齢

JCBゴールドの申し込みが可能な対象年齢は20歳以上ですが、JCB GOLD EXTAGEの対象年齢は20歳~29歳の20代の方となります。JCBゴールドは、20歳以上の方であれば特に年齢の上限はありませんが、JCB GOLD EXTAGEは29歳以下の方限定になっています。

そのため、JCBゴールドは30歳以上の方でも申し込みが出来ますが、JCB GOLD EXTAGEは30歳以上の方は申し込みが出来ないという違いがあります。

年会費

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEは、年会費も大きく異なります。JCBゴールドの年会費は、初年度無料で翌年度以降は10,000円(税別)となります。そして、JCB GOLD EXTAGEの年会費は、初年度無料で翌年度以降は3,000円(税別)です。

JCB GOLD EXTAGEは年齢限定のヤングゴールドカードということで、一般向けのJCBゴールドよりもかなり安い年会費で取得することが出来ます。

ポイント還元率

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEは、どぢらもJCBのポイントプログラム「Oki Dokiポイント」が適用されていますが、ポイント還元率は異なります。

JCBゴールドは、その他のJCBカードと同じように1,000円ごとに1ポイント付与されますので、基本的なポイント還元率は0.5%程度です。JCB GOLD EXTAGEも、基本的なポイント還元率は0.5%となりますが、JCB GOLD EXTAGE独自のポイント優待によってポイント還元率がアップします。

JCB GOLD EXTAGEは、入会後3ヵ月間はポイント3倍、4ヶ月目以降から初年度もポイント1.5倍、そしてそれ以降も年間20万円以上の利用がある場合は引き続きポイント1.5倍となります。

付帯保険

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEには、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険、ショッピング保険が付帯されていますが、補償内容が異なります。JCBゴールドの補償金額は、海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5,000万円、ショッピング保険が最高500万円となります。

JCB GOLD EXTAGEは、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険共に最高5,000万円、ショッピング保険が最高200万円となります。

また、JCBゴールドの海外旅行傷害保険には最高1,000万円の家族特約が付帯されていて、より充実した補償内容となっています。

その他付帯サービス・優待特典

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEは、上記以外の付帯サービスや優待特典も異なります。空港ラウンジサービスは、JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEの両方に付帯されていますが、全国各地のゴルフ場の予約やコンペなどの手配が出来るゴルフサービスは、JCBゴールドのみに付帯されています。

また、JCBゴールドには健康サービスとして、人間ドックサービス、ドクターダイレクト24などが付帯されていますが、JCB GOLD EXTAGEには人間ドックサービスは付帯されていません。

その他にも、JCBゴールドには付帯されているけれど、JCB GOLD EXTAGEには付帯されていないサービスがいくつかあり、JCBゴールドの方がより充実したサービスを受けることが出来ます。

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEはどちらがおすすめ?

JCBゴールドJCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)のどちらがおすすめかと言うと、申し込みをされる方の年齢によって異なります。

20歳~29歳の20代の方は、JCB GOLD EXTAGEの方がおすすめです。JCB GOLD EXTAGEは、20代の方限定のヤングゴールドカードとなりますので、年会費も非常に安く設定されており、ポイントも貯まりやすくなっています。

また、JCB GOLD EXTAGEは、最初の更新の際に自動的にJCBゴールドにランクアップされますので、スムーズにゴールドカードを取得することが出来ます。

そのため、20代の方で、JCBゴールドのみに付帯されているサービスをどうしても受けたいという方以外は、コスパも良く、メリットも大きいJCB GOLD EXTAGEの方がおすすめです。

20歳~29歳限定!JCB GOLD EXTAGEは充実した付帯サービスが満載

サブコンテンツ

このページの先頭へ